FC2ブログ








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テイク5、を考えてみる

宇多田ヒカルの『HEART STATION』の「テイク5」について、ふと書きたくなってきたので書きます。
今日Mステで「桜流し」を聴いたのでなんかそういう衝動が生まれたんでしょうか。
彼女の復活うれしいです。

『HEART STATION』は表題曲の「HEART STATION」もそうだけど、「Stay Gold」「テイク5」も大好きで、後ろの2曲は歌詞が入ってくるので、久々に歌詞に注目しながら聞いてました。



「テイク5」について
イントロの湧き上がるエネルギーを感じる音。そして歌が始まると気だるげ。
ここの印象が、全体として好きだなぁって感じる部分を表してると思う。
なんか自分にも経験あるんで共感しました。
わけもなく熱くなる感じ。でも別にそれは何かいいことあったとか明るいものでもなく。根拠がないやつ。

この詩は“諦めた”のかもしれない。諦めたら希望が湧いてくる。矛盾してるようである意味そういう仕組みでもある。掃除してすっきりー、みたいな。
もしくは“無”。これも悪い意味ではなく、シンプルに何も考えていない時。それも案外次に進められたりする。思考が邪魔しなくなる。
でも、やりきったっていう“達成感”もあり得ると思う。これはもちろんいい意味で。

「今日の気分は最高です」のあとに続くのは「絶望も希望もない」。
どっちなんだってツッコミたくなるけど、わかるんだなぁ、絶望希望どっちでもある状態の感覚が。もしくはどっちでもない感覚が。
(上に書いた“諦め”か“無”なのか“達成感”かは自分の中で未だ解釈整理中だけど、)とにかくすっきりしてるんだ。だから最高なんだ。わかるよその気持ち。
自分の内側がすっきりした状態って、きっと貴重で、もしかすると美しいことなのかもしれない。「空のように透き通って」いるのかもしれない。

「会わないほうが ~ 私のスピードあげていくの」
この部分を見ると、恋人と別れてやったぜヒャッハー!!ってなりながら寒い中駆けて家に帰ってるようにも見えるんだな。
そう見えても“諦め”“無”“達成感”のどれかは決められないんだよ。どれにも取れる。

「今日という日を素直に生きたい」
良し悪しの意味は含まずただ一日を素直に過ごす、それが希望や成功よりいいもの、みたいに書いているのが印象的で。
色々考えるのを放棄した“諦め”“無”を経た、小さな現実的な希望?とりあえずこうだ、みたいな?
何かをやり切った“達成感”のまま、明日も素直に一日過ごすぞー!っていう継続的な希望の形?
やっぱりわからないんだよね。でも、とても好きな一文!



この曲は自分の中で解釈が定まらないせいで、ポジティブの歌なのかネガティブの歌なのか、どっちでもある歌なのか、そういうざっくりなイメージも決められなかったり。
でもそういうのがむしろ大好きです。
こういう詩を書くところが宇多田ヒカルの素敵なところ!好きなところ!

[ 2016/09/20 00:32 ] 音楽 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。