FC2ブログ








EDMに入門してみた

先日CDアルバムを10枚レンタルしたんですが、その中での2枚がEDMで、そういう分野をちゃんと聴いたのは初めてだったので色々書いてみようと。
借りたのは
Zedd『Clarity』Avicii『True』
EDM界では有名な人たちみたいですね。


まずEDMって言葉今回初めてちゃんと覚えたんです。
これまでもエレクトロ系とざっくりに呼びながら、そういう音が大好きだったんですが…EDMの言葉を覚えたおかげでざっくり認識していたジャンルが少し明確になり、その音楽に行きやすくなった気がします。
これまでどういう風に探していけばいいのかわからなかったので。
今後はEDMと調べれば、前よりは思い通りに辿り着けそうなので、言葉を覚えた収穫もありそうです。
(まぁしばらくZeddとAviciiのアルバムかその関連を追いかけるでしょうけどね)

ジャンル名は基本的にざっくり認識です。
もう一つ大好きなジャンル、ロックも大体メタルとかパンクとかざっくりめにしか見てないです。
もう少し細かに見れば、多分オルタナティブが好きなんだろうなーって思うんですけど、オルタナ以外聞かなくなるかも、音楽趣味の範囲を狭めそうで嫌だな、ってあえて知らないふりです。
そもそも細かに分けられても興味が湧かないっていうのもありますがw

EDMもエレクトロ系の踊れる系ってことになりますが、電子音があるなら割となんでも好きそうな気がするんですけども、これはロックで言うメタルやパンクくらいのジャンル分けで、自分には必要な分類だったのかなぁとも思いますね。
ある程度絞らないと探すの難しいw

まぁその辺の話はこれくらいにしておいて…


・ZeddとClarityについて
出会いはMMDで「Clarity」が使われていたから、というまたオタクきっかけでしたw
その曲が好きになり、検索するとYouTubeでその曲が出て、他の曲も聞いたりしていくうちにZedd曲が好きになり、アルバムを借りようと。
借りたのは日本盤だったんですが、日本語訳カードに書いてある説明文にLady gagaの字があっておっ?!と思いました。
アルバム『Born this way』からコラボしていたんですね。
偶然にもその『Born this way』も一緒にレンタルしていたんです…!「Marry The Night (Zedd Remix)」のトラック名を見てほんとだ!と思いました。
(あと『ARTPOP』でもコラボしてるんですね)
好きなアーティストとコラボしていたんだとなんだかうれしかったです。
(あと、MUSEっぽい音楽をやっていただとか、Black Eyed Peasのリミックスをやっていた、っていう文章見つけてテンション上がったなw)
説明の最後辺りに、 “EDMをあまり聴かないリスナーにも楽しめる内容になっているのではないだろうか” って書いてあったのですが、まさに初心者の自分には納得の聴き心地でした。

曲の感想ちょこっと。
「Clarity」…この曲から入っただけあって何度も聴いてしまう。きれいだなぁ
「Spectrum」…YouTubeでも聞いたことあって、ボーカルのは女性かと思ったらMVで男性が歌っててびっくりした思い出が。いい声だしいい曲だ。(声がツボったのでMatthew Komaも後ほどチェックしたい)
リミックス版のボーカルは初音ミクさんという。やっぱそこに食い付くよね。(ミクさん英語上手いな)。日本で馴染みの人(?)がコラボしてるというのもなんだかうれしいな。

まだあまり聴けてないのでじっくり聴きこんでいきたいなぁ。


・AviciiとTrueについて
出会いはYouTubeで「Waiting For Love (Lyric Video) 」を聴いて(見て)。
YouTubeでたまたまトップにそれが出ていて、なんとなくクリックしたら(どうやら投稿されて間もなくのクリックだった)、泣けてくる犬と飼い主の物語で。いやあれほんと泣いちゃうw動物ものには弱いんだ!w
映像も大好きですが曲もとてもよくて。何度も聴いてました。
そうしてYouTubeで他の曲を聴いたりしながら、どうやらAviciiというDJらしい、と知り。ちゃんと聞きたいな、となり。
自分でたまたま聴いてみた曲が気に入り、自分で調べてアーティストを知る。というのは自らの力と意志で辿り着いてやったぜ!って気持ちになりますね。うれしいです。←すでに人気で有名だからYouTubeトップに出るっていうのは置いておこうw
「Waiting For Love」が収録されているアルバムが聴きたかったんですがお店にはなくて、でも一枚だけ棚にあった『True』の説明を読んでると、耳にした曲がありそう→試聴→あっこれ知ってる!となって借りてみました。

ちなみにこれもまた日本盤なんですが、5曲も追加されてあるっていうのはお得だなって思いますw

「僕と言えば『Levels』となるのはゴメンだった。だから新鮮で違ったことをやってやろうと決めていた」
とAvicii本人が語るアルバム『True』には、過去のヒット・シングルは収録されていない
(註:日本盤ボーナス・トラックとして「Levels」は収録されている)

と説明がありましたが、本人がどう思うかはさておきw、「Levels」が収録されててラッキーと思いました。これも聴いたことあるー!って思いましたよ。
そして “これまでのEDMイメージとは異なることから、未だに賛否が渦巻いている” という説明文。
確かに(EDM初心者とはいえ)、なんとなくイメージとは違うなという印象が強かったです。そしてそれがまたツボに入りました。
EDMって音の感じがやっぱり近未来感あると思うんですけど、この『True』はなんだか懐かしい感じの曲に電子音が加わってる。これまで聴いたことのあるような音楽ジャンルの雰囲気に溶け込んでる電子音。っていうのが意外で、でも馴染みやすい感じでした。
だからか、AviciiもEDM初心者として聴きやすい印象です。
あとボーカルが大体渋い感じで。これはいろんな世代もスッと入れるんじゃない?なんて思ったりしました。

好きな曲はいっぱい!です(Trueばかり聴いていて、他に借りたアルバムまでいけないというw)
「Wake Me Up」…聴いたことある曲。好き。カントリー調×エレクトロとは意外な組み合わせ!
「Hope There's Someone」…カバー曲なんですね?悲しげな歌に電子音の波がどんどん押し寄せて来る感じ。これがほんと癖になる
「Heart Upon My Sleeve」…インストもいいですねぇ。チェロ?の音が渋くてかっこいい!インストだったら電子音たくさん使いそうだけど、チェロやピアノやアコギ?など楽器メインで電子音は控えめなのが意外で好き

Aviciiほんとに好きになりました。ただ惹きつけられすぎて他のアルバムまだ全然聴けてないよアウーチー!w



ひさしぶりにブログ書いたー!という達成感のまま終わります。
(でもダジャレで台無しな気がするー!)




[ 2016/05/06 23:57 ] 音楽 | TB(-) | CM(-)