思い出に浸る

探し物をしていたら、大学のときに書いた小説が出てきて、思わず読んでしまいました。探し物あるある。

サラッと読んだら、文章の拙さはすごく感じるものの、えっ面白いな?!と新鮮で自画自賛しましたw
発想や設定には結構自信があるというか、好きですwなので、過去の自分を褒めたくなったりw握手したくなったりw
ただ文章力は改めて読むとほんと残念で、書き直したいー!ってなりました。ネガティブな意味じゃなくて、書き直したら良くなりそうー、書き直す作業楽しそうー!っていうポジティブな気持ち。

長い間ちゃんと小説書いていないけど、やっぱり小説を書くことは楽しくて好きなことだったんだなぁと改めて思いました。
0から創るというのは大変だけど、加筆修正は気楽なので、そこから小説書きに復帰するのもいいなって思います。
最近あまり遊びの時間が取れなくなって、10周年記事も書きかけで止まってるんですけど(もう二ヶ月…w)、ちょこちょこ書き物したいなぁ。

探し物をしていたら、趣味も再発見しました。


[ 2017/06/18 00:15 ] 日記・雑記 | TB(-) | CM(-)

camera

手のひらに収まるカメラ
簡単にもぎ取れる色と時間
けれどシャッターを押している間の頭は
すぐそばの息づかいを忘れてく

常に持ち歩くカメラ
簡単に残せる音と時間
けれどまぁいいかと通り過ぎた後の心は
亡くした感触を悔やんでる










FC2 Blog Ranking にほんブログ村 ポエムブログへ


[ 2017/05/21 17:52 ] | TB(-) | CM(-)

浮遊

期待されてみたかった
それは重荷でもあるだろう
あの人は優しさで背負わせなかったのだろう
だけど思えば寂しいものだった

私には無理じゃないかなということも
優しく言うのだ
急に流れが速くなって私は岸へと戻っていく
何も分からないまま

どこかに行きたい
行けるようになりたい
身体が軽くなり過ぎて
どこにもたどり着けやしない












FC2 Blog Ranking にほんブログ村 ポエムブログへ


[ 2017/04/25 02:35 ] | TB(-) | CM(-)

ブログ10周年!

今日はこのブログ、「空は今・・・」を開設して10年という日です。
10年経ちました!すごいね。

このブログが初めてのブログだったのですが、最初ブログのタイトルは「空は今夕焼け」というものでした。
それが少し経って、今のいろんなイメージができるようなタイトルへと変わりました。
ブログを始めたきっかけは、どうしようもない悩みを吐き出す為。
そういった夕焼けのようなうす暗さもいつからか変わっていき、日々の空のようにいろんな気持ちを書く場所になっていきました。
(なーんて詩的なこと言えて満足)
10年の間に色々変わりましたー。でも変わってない部分も同じくらいあって。
そういうことを振り返り考えられるのっていい場所ですね、ブログ。

10年経ちましたが、それほど続くとは思っていませんでした。
というか、どれくらいやれそうとか、これくらいはやりたいとか全く予定もなく、なーんも考えてなくて、ただなんか書きたくなったものを記事に上げるっていうのを繰り返してきて。で、気が付いたら10年近く経ってて。じゃあまあ、とりあえず10年は続けよっかなー。みたいな。
いつの間にか(月イチでも)更新するのが習慣みたいになってるのは秘密なんですけど。
この先も続けるつもりがあるとかないとか、今もやっぱり考えていません。それくらいマイペースにやってきてます。
それくらいマイペースにやってたから続けられたのかなー。
同じようにブログのルールとか明確に作ってこなかったし、これからもそのままゆるいまま…なつもりです。

コメントや拍手など、来てくれた人の反応を見られたときはうれしいのです今も。
過去にいただいたコメントとか思い出したり読み直したりしてもほっこりします。ありがとうございます。
なんとなくもうちょっと続きそうなブログに、また「おっやってるね」って暖簾くぐるあれみたいな気持ちでまた来ていただけたら…と。わがままなんですけど思います。

とりあえず、書きたいと思うことができたら、ちゃんと書きます。
すごいちっちゃい宣言しましたね。それくらいにしときます、何か決めるっていうのは。
まぁ、もうちょっとこのまま楽しくブログします!では!




[ 2017/04/20 22:59 ] 日記・雑記 | TB(-) | CM(-)

スノボ

IMG_4666.jpg

IMG_4668.jpg(クリックで大きい画像)



先日行ってきました。日帰りで。
2年ぶりで、行ったのは初めての場所でした。
今年でスノボ始めて13年になるみたいですが(長!)、これまでで一番楽しくて充実した滑りだったんです。めちゃくちゃ楽しかった!

写真は諸事情によりぼやけてますがw、すごく天気がよかったのは伝わると思います。
気温も高めで暑かったんですが、やっぱり景色がきれいできもちいいです。
天気のおかげもあってより楽しめました。
不満は写真を満足に撮れなかったことくらいだなぁw
ゲレンデの感じも気に入ったんでまた行きたいです!でも次のシーズンまでおあずけかな~。
やっぱりスノボは楽しい!と実感した一日でしたー。




続きは自分用メモ

[ 2017/03/06 20:46 ] 日記・雑記 | TB(-) | CM(-)

雪滑り

 流行りの歌と懐かしの歌が入り交じり、やがて遠くなっていく。
人を運ぶリフトは、ガタガタと古びた音を出す。


 一面に広がる雪化粧はとても美しいが、冷たくてどこか恐い世界だ。
先ほどまでにぎやかな話し声がしていたのに、今はひとりぼっちにされ、いつ落ちるかと不安な空中にいる。

 雪を楽しめと言わんばかりの音楽は、ロボットのようなにおいがする。
たとえ全ての人が滅んだとしても、こうして延々と流れているのかもしれない。嫌に響いているから嘘らしい。
 かと思えばリフトは機械の感じがしない。
この揺れと音は、数百の力持ちな人が引いてる気さえしてくる。
ロボットのように淡々と運んでくれれば、怯えることもないだろうに。


 下を覗いてみる。
熟練のスキーヤーがきれいな波模様を描いていく。
 その後ろには、転んで笑うボーダーだ。
あぁ。下には人がいる。ここも人の世界なのだ、そうだった。


 一層寒くなってきた。
あと数百メートル。もう少しで着く。
 そう思った瞬間、リフトがその場で揺れて止まった。
誰かがリフト降り場で転んでもしたのだろう。慣れないうちはそういうものだ。理解は容易い。
 そして先の方にもまた、人がいる証拠でもある。
 だが正直勘弁してほしい気持ちだ。

 ポケットの上からチョコレートの残りを確認し、背もたれに深く座るよう体勢を整えた。
何があるかわからない。リフトの停止が長時間であれば体力勝負だし、短時間でも貧血を起こして前のめりに落ちてしまうかもしれない。

 深刻に考えすぎなのだろう。自分でもそう思う。
リフトを作った人、点検運転をする人は信用していい存在だ。移動中寝たっていい。ここの人の技術と生真面目さを侮ってはいけないのだ。ついでに、至って健康だからこそここに来たことを、思い出すべきだった。
 それに、雪山、自然の方が余程脅威だ。規模の大きいトラブルがあり得る。雪崩が起きてしまったらと考えると、今の不安が馬鹿らしくなるほどだ。

 自分は自然の中のようでそうでない、穏やかな環境にいる自覚があり、それでむしろちょっとしたトラブルに怯えてしまうのかもしれない。自然に人は勝てないが、今の不安といえば、人に助けてもらえるような範囲だ。であれば要らぬ心配であるはず。
 もしや、今自分はさみしさでいっぱいなのではないだろうか。ひとりでなければ、悠々と待っていられたかもしれない。
あぁ早くにぎやかな人の群れに運んでほしい。


 願いが届いたのか、リフトが動き出した。動き出した反動で大きく揺れ、思わず安全バーにしがみついた。
大丈夫だ、動き出したのだ、動き出したからにはこの揺れで落ちるかもしれなかったという不安など大したことはない。


 リフト降り場に到着、無事転ぶこともなく抜け出した。
 先ほどまで見ていた景色と同じ銀世界だが、キラキラきらめいているようだった。所々で聞こえる話し声、ボードのセッティングの音、スキーヤーが通り抜ける音。さみしさが一気に吹き飛んだ。

 少し斜面の付いた先を見据え、トンと自分の背中を押すように一歩踏み出す。ザーっと、雪が擦れる音。
瞬間血が湧いた。これだ、これの為に来たのだと。
 久々の雪滑り。板から雪を吸って全身で飲み込む。雪を味わうのを待ちわびた。


 リフト移動の不安は忘れ去り、いざ。





[ 2017/02/21 00:58 ] 小話 | TB(-) | CM(-)

2017年!

あけましておめでとうございます!

今年は前にも書きましたが、4月にブログ開設10年を迎え、ついでに個人的にもウン十代に突入という、節目の年なのですが、特に気にすることもなく一年を過ごしたいなぁと思っています。ゆるいねw
ここ数年は年の始まりに目標を立てることがなくなり、ただ流れに身を任せるという姿勢になっています。その方が自分らしいし合っているはずなんだなぁ。

そんな感じで、ゆるーくブログ続けましょ。
今年もよろしくお願いしますコケッコーー!!

[ 2017/01/07 20:15 ] 日記・雑記 | TB(-) | CM(-)