雪滑り

 流行りの歌と懐かしの歌が入り交じり、やがて遠くなっていく。
人を運ぶリフトは、ガタガタと古びた音を出す。


 一面に広がる雪化粧はとても美しいが、冷たくてどこか恐い世界だ。
先ほどまでにぎやかな話し声がしていたのに、今はひとりぼっちにされ、いつ落ちるかと不安な空中にいる。

 雪を楽しめと言わんばかりの音楽は、ロボットのようなにおいがする。
たとえ全ての人が滅んだとしても、こうして延々と流れているのかもしれない。嫌に響いているから嘘らしい。
 かと思えばリフトは機械の感じがしない。
この揺れと音は、数百の力持ちな人が引いてる気さえしてくる。
ロボットのように淡々と運んでくれれば、怯えることもないだろうに。


 下を覗いてみる。
熟練のスキーヤーがきれいな波模様を描いていく。
 その後ろには、転んで笑うボーダーだ。
あぁ。下には人がいる。ここも人の世界なのだ、そうだった。


 一層寒くなってきた。
あと数百メートル。もう少しで着く。
 そう思った瞬間、リフトがその場で揺れて止まった。
誰かがリフト降り場で転んでもしたのだろう。慣れないうちはそういうものだ。理解は容易い。
 そして先の方にもまた、人がいる証拠でもある。
 だが正直勘弁してほしい気持ちだ。

 ポケットの上からチョコレートの残りを確認し、背もたれに深く座るよう体勢を整えた。
何があるかわからない。リフトの停止が長時間であれば体力勝負だし、短時間でも貧血を起こして前のめりに落ちてしまうかもしれない。

 深刻に考えすぎなのだろう。自分でもそう思う。
リフトを作った人、点検運転をする人は信用していい存在だ。移動中寝たっていい。ここの人の技術と生真面目さを侮ってはいけないのだ。ついでに、至って健康だからこそここに来たことを、思い出すべきだった。
 それに、雪山、自然の方が余程脅威だ。規模の大きいトラブルがあり得る。雪崩が起きてしまったらと考えると、今の不安が馬鹿らしくなるほどだ。

 自分は自然の中のようでそうでない、穏やかな環境にいる自覚があり、それでむしろちょっとしたトラブルに怯えてしまうのかもしれない。自然に人は勝てないが、今の不安といえば、人に助けてもらえるような範囲だ。であれば要らぬ心配であるはず。
 もしや、今自分はさみしさでいっぱいなのではないだろうか。ひとりでなければ、悠々と待っていられたかもしれない。
あぁ早くにぎやかな人の群れに運んでほしい。


 願いが届いたのか、リフトが動き出した。動き出した反動で大きく揺れ、思わず安全バーにしがみついた。
大丈夫だ、動き出したのだ、動き出したからにはこの揺れで落ちるかもしれなかったという不安など大したことはない。


 リフト降り場に到着、無事転ぶこともなく抜け出した。
 先ほどまで見ていた景色と同じ銀世界だが、キラキラきらめいているようだった。所々で聞こえる話し声、ボードのセッティングの音、スキーヤーが通り抜ける音。さみしさが一気に吹き飛んだ。

 少し斜面の付いた先を見据え、トンと自分の背中を押すように一歩踏み出す。ザーっと、雪が擦れる音。
瞬間血が湧いた。これだ、これの為に来たのだと。
 久々の雪滑り。板から雪を吸って全身で飲み込む。雪を味わうのを待ちわびた。


 リフト移動の不安は忘れ去り、いざ。





[ 2017/02/21 00:58 ] 小話 | TB(-) | CM(-)

2017年!

あけましておめでとうございます!

今年は前にも書きましたが、4月にブログ開設10年を迎え、ついでに個人的にもウン十代に突入という、節目の年なのですが、特に気にすることもなく一年を過ごしたいなぁと思っています。ゆるいねw
ここ数年は年の始まりに目標を立てることがなくなり、ただ流れに身を任せるという姿勢になっています。その方が自分らしいし合っているはずなんだなぁ。

そんな感じで、ゆるーくブログ続けましょ。
今年もよろしくお願いしますコケッコーー!!

[ 2017/01/07 20:15 ] 日記・雑記 | TB(-) | CM(-)

一年が終わるー

今年一年を振り返ったら、まぁ楽しいことも色々たくさんあるんですけど、半年とか長い間引きずってた劣等感があったのを思い出しました。
そんなに長い間引きずることは初めてだったかもしれません。

ここには暗い気持ちなども、詩という表現で誤魔化したり昇華させたりして綴ってきたわけなんですが、その劣等感というのは詩に書くことさえできなくて。理由はよくわからないんですが。
日記雑記な感じでストレートに吐き出す方法もありますが、それもやっぱりできなかったという。

長く収まらないし、吐き出すこともできなくて、初めてのことだし戸惑っていて、辛さも続いたんですが…
冒頭にも「思い出した」と書いた通り、いつの間にかそんな出来事があったのを忘れていました!w
そういうのが自分らしいなと思いました。
そんな自分が結構好きw

この一年の終わりに気づけてよかったです。
まるで年末の大掃除です。
部屋を掃除してるうちに、あっこんなのあったあった!と笑う感じ。今は関係ないからこそ笑えるという。
それを捨てる捨てないは置いておいて、まぁ忘れていた思い出の品みたいな感じで見れるようになったので、すっきりです。


ということで、今年もこのブログにお付き合いありがとうございました!
来年もきっとゆるーく。特に目標もなくwだろうな。
よいお年をお迎えください!



[ 2016/12/31 18:50 ] 日記・雑記 | TB(-) | CM(-)

失望

その言葉は
ひとりでに歩いてく
正当な怒りと名付け結んでいたものが
無関係な人間を斬りつけに行く

この言葉から逃げきれず
誰かが泣くのだ
正当な怒りは簡単に引きちぎられていた

愛していると
その言葉ごと抱きしめた人がいた
その言葉を許容した
言葉を巧みに扱うその人は
愛は命より重いとでも言いたげに

詩人は
死ねを許しそれをも愛していると言うのか
死ねを否定し怒りの表現を考えないのか
詩人がそんなことを言う
愛しているなんて照れ臭くて言えない人々も
死ねなんてと傷つけることを避けているのに
詩人は一体何を見ているのだろう

その言葉は
ひとりでに歩いてく
誰が暴走させたのだろう
無関係な人間を斬りつけて行く





[ 2016/12/11 21:37 ] | TB(-) | CM(-)

交り流れる

おはようを言って
少し話し
そうしてバイバイをする

何度も訪れる
人との交差時間
楽しいのだけど

私は誰かについて行くこともなく
誰かが私についていてくれることもなく
交わっては終わってしまうから
本当は寂しいものだったのだろう

人と知り合い
楽しい話をする
難しい話もする
それは良いもの
それはそれ
もっと欲しかったものは
あの頃に気づかなかった










FC2 Blog Ranking にほんブログ村 ポエムブログへ

[ 2016/12/07 06:15 ] | TB(-) | CM(-)

遥か遠い夏

木枯らしの中
漂う夏の残り香を見つけた
君の笑顔

君の隣はきっとあたたかいんだろう
どうか君のところで夏が続きますように
私の秋はまだまだこれから










FC2 Blog Ranking にほんブログ村 ポエムブログへ


[ 2016/11/05 02:18 ] | TB(-) | CM(-)

むらさき

青と赤のペンキ
混ぜれば紫
承知の道

その先の未知
細かな分岐
誰も知らない

水を足し
筆を浸し
鼓動を乱し
賭ける一度きり

いずれは悲劇
いずれは喜劇
むらさき
歯を見せながら覗く未来









FC2 Blog Ranking にほんブログ村 ポエムブログへ


[ 2016/10/02 06:41 ] | TB(-) | CM(-)